9/19 ぶどう祭り鳥居焼護摩木積み
勝沼の心、鳥居焼きの護摩木積に参加し、朝市会出店に幸あれを祈りながら護摩木を持ち上げて井桁に積んできました。

お出かけのため参加できないと言っていた小澤氏から朝6時半に電話「だれもいないよ!」どうやら現場に駆けつけたらしい。だって7時半からだもん・・・。お出かけの前に少しでも。と思ったらしいがちょいと早すぎたので今回は断念。その小澤氏の分まで心を込めて積んできました。

鳥居平らの急斜面に立つ勇者たち 手渡しで護摩木を決まった場所まで持ち上げる 持ち上げながら写真撮るものスゲー大変&ヒンシュク 心を込めて護摩木を積む
最後に燃し付けの布を入れてビニールで養生 下に伸びる足の部分さ! 蝶々さん「お前今年は来てないじゃないかと思ったよ」ジョーダンじゃないっすよ。ハズさないっすよこれだけは。町民なら さあ、あとはぶどう祭りの夜に雄大な鳥居が夜空に照らされます

最後にパチリ!記念撮影

みんな良い顔してるんだよなあ

この鳥居焼きはもう一つの盆の送り火なんだ

だから亡くなったおじいちゃんやおばあちゃんや友達を思いながら・・・

この護摩木積みに参加した人は

鳥居に火が入った瞬間になぜか・・涙が・・・

ps photo 提供ありがと!hちゃん